シミの対策方法|様々な塗り薬や飲み薬で対策しよう

色素の沈着を撃退

錠剤

原因を踏まえた治療が必要

一見同じように見えるシミも、原因が異なる場合は多々あります。日常生活の中には、シミの原因になる要因が数多く潜んでいますので、安易にケアを始めてしまうと効果が現れてこない可能性もあるわけです。従って、まずは原因を掴むのが先決となります。シミの原因に沿ったケアが受けられるのが、皮膚科などの専門の診療科です。シミの一つの原因となるのが、毎日浴びている紫外線です。紫外線を浴びると、肌の中にある色素を作る物質が活性化してきます。紫外線は曇りや雨の日でも降り注いでいるため、油断をしているといつの間にはシミが出来ていたという事態も起こり得ます。色素を作る物質は、摩擦などの刺激を受けた場合にも活性化するという性質があり、毎日のスキンケアでも刺激を与えないように気を配ることが大切です。病院では、大抵はシミの種類に合わせた薬が処方されます。現在広く用いられている薬は、出来てしまった色素を徐々に薄くしていくのが一つの作用です。色素の原因となる物質の働きも抑えることから、今後新たなシミが出来るのも防いでくれます。医師の指示に従って使用をする限りは、副作用などへの心配は少なく、薬でのシミの治療はポピュラーな方法です。薬は、複数の種類を組み合わせて使用するとさらに効果が見込めます。例えば、塗り薬と飲み薬を併用すると、体の内と外からシミを撃退する態勢が整い、早く治る可能性が高まります。飲み薬に関しては、サプリメントなどの健康食品で代用することも時に可能です。